ガイド料金一覧表へ (大神島=おおがみじま)
1月1日~1月3日のみ、ツアー料金は1,000円UPとさせて頂きます。
島尻港から船で15分!宮古島とは一味違う秘境、神の島へ

大神島シュノーケリングツアー

このコースは、宮古島の東約4km(島尻港から船で15分)に浮かぶ大神島でシュノーケリングをするコースです。
大神島には一般の連絡船で各自で渡っていただき、大神島ではビーチからのエントリーになります。
大神島地図 大神島全景
基本面が出来てご自分で泳いでガイドについてこれる経験者向けのコースです
心配な方や初めての方は事前に1時間講習を受けていただくか 体験ツアーへの参加をお勧めいたします。

大神島通常コース 5,400円

 お一人様のみでお申し込みの場合は上記料金に+1,000円です。
 ライフジャケットは無料でご用意いたします。(お申し込みの際に必ず身長体重を記入して下さい)
 マスク、シュノーケル、フィン、ウエットスーツのレンタルは別途レンタル料が必要です。
 (スーツ着用の判断はこちらを参照)

※670円(往復)の連絡船乗船料はガイド料には含まれません。時刻表へ
※貸し切りツアーのため他のお客様と一緒になりません。
※1回のツアーで同時にガイドできるのは4名様までです。(状況により最大6名)
※シュノーケリング正味時間は1時間です。
※島尻港集合解散の場合の所要時間は2.5時間くらいです。
※原則として島尻港集合ですが送迎をご希望される方は別途お受けいたします。
※予約成立後の変更や取り消しには 変更料、キャンセル料が必要になります。予めご納得の上お申し込み願います。
  2日目以降の器材レンタル料は無料。
  リピーターのお客様は"写真代(SDカードへのコピー500円)”無料。

お申し込みへ

ページTOPへ

条件クリアの希望者は追加料金無しで外洋特別コース可能!

大神島2時間コース 8,000円

 お一人様のみでお申し込みの場合は上記料金に+2,000円です。
 マスク、シュノーケル、フィン、ウエットスーツのレンタルは別途レンタル料が必要です。
 (スーツ着用の判断はこちらを参照)

通常のコースはシュノーケリング時間は正味1時間ですが、このコースは倍の2時間たっぷり。
当日の海況とお客様のレベルによっては外洋へ出れる場合があります。

外洋ご希望の方は下記条件クリアが必要です

(外洋へ行かないリーフ内のコース希望の方は不要です)

短いフィン
参加条件
(1)マスククリアやシュノーケルクリアを、立ち泳ぎの姿勢にならないで、水面で横に浮いた状態で楽に出来ること。 立ち泳ぎの姿勢になるとフィンでサンゴを蹴ったり、ぶつかることになりますので、そうならないスキルが絶対条件です。 (マスククリアとシュノーケルクリアが分からない人は勉強してから) 軽いトラブルは自分対処できること。 (例えばマスクなどに水が入ったり、足が攣った場合)
(2)ライフジャケットを使わないで1km以上泳げること
風や流れの影響を最小にするため原則としてライフジャケットが必要な方は参加できません。
(最大水深は約15mですが水面のみで潜りません。潜るスキルは必要ありません)
(3)流れの速い時があります。ガイドの助けがなくても自力でちゃんと泳げること。
(4)流れに対して適正な推進力を得られるフィンを使用すること。右の写真の様な短いフィンはダメ。
(5)潮汐表を理解していること。
(6)お申し込みの際に「条件クリアしている」旨を明記してあること

外洋の概要
リュウキュウキッカサンゴ大群生から外洋の元気なサンゴエリアや ノコギリダイの大群が住むエリアなどを2時間かけて周るロングツアーです。 流れや多少の波がある場合があります。波酔いしやすい方はご遠慮下さい。 また、途中で着底して休むことはできません。
風向きにより行けるコースは異なります。冬場を中心に荒れる時期は行けないことが多くなります。


※670円(往復)の連絡船乗船料はガイド料には含まれません。時刻表へ
※貸し切りツアーのため他のお客様と一緒になりません。
※1回のツアーで同時にガイドできるのは4名様までです。
※島尻港集合解散の場合の所要時間は5時間くらいです。
 例:島尻9:00発で行った場合、2便後の大神13:45発で戻ります。
   船の時間とツアー時間帯は当日の潮周り(潮位)により変ります。時刻表へ
※原則として島尻港集合ですが送迎をご希望される方は別途お受けいたします。
※シュノーケリング正味時間は2時間です。
※予約成立後の変更や取り消しには 変更料、キャンセル料が必要になります。予めご納得の上お申し込み願います。

↓2017年11月5日撮影の2時間コースポイントで
流れの強い時があります。


↓2017年10月2日撮影の上級者向け2時間コースポイントで
ご注意:ツムブリの群れは毎回見れるということではありません。


↓2017年8月13日撮影の上級者向け2時間コースポイント。
(動画後半の鳥山="とりやま"はポイントではなく帰りの船からの撮影です)


お申し込みへ

ページTOPへ


【綺麗なサンゴを見たければ?】
なお、大神島へ行かなくても「宮古SPツアー」でも 素晴らしいサンゴの大群生はご覧いただけます。
また、初心者の方でしたらおひとり様限定の「スペシャル体験ツアー」で 同様のサンゴがご覧いただけます。


↓2017年8月4日撮影。


↓2017年4月29日撮影のリュウキュウキッカサンゴの大群生ポイント。


ご利用頂いたお客様からのご感想


お申し込み  お問い合わせ


大神島10

時間については、行き帰りとも下記時刻表の中からお客様のご都合に合わせてご自由にお選びください。
島尻港と大神島の所要時間は片道約15分です。ガイドは原則として直近の便で宮古島に戻ります。
また、お客様が準備に時間が掛かる場合や、船の運行時間の都合によってはシュノーケリング正味時間が60分より短くなる場合があります。
※お申し込みの際は、ご利用予定の往復の船の便名又は時間をお申し込みフォームのメッセージ欄に明記願います。

島尻港~大神漁港 運航スケジュール
(混雑時は臨時便が運航されます)
夏場 (4/1-9/30) 冬場 (10/1-3/31)
便名 大神島発 島尻港発 大神島発 島尻港発
1 08:00 08:30 08:15 09:00
2 10:20 11:00 11:00 11:40
3 13:00 13:30 13:45 14:15
4 15:10 15:40 16:20 16:45
5 17:00 17:20 (2017年10月現在)
正確な時間は直接下記へご確認願います。
大神海運 TEL 0980-72-5477


ページTOPへ


お申し込みへ


大神島01 大神島02
青いサンゴがキレイ!

大神島04 大神島06
ソフトコーラル(柔らかいサンゴ)もたくさん見れます。
大神島07 大神島08
とにかく多いのがデバスズメダイとネッタイスズダイ、ミスジチョウチョウウオなど。
大神島09 大神島05

ページTOPへ

★ご自分の車で行く方の集合場所
① 島尻港
② 大神島多目的広場
詳しくはこちら
⇒車の無い方、宮古島島内のホテルからの送迎は有料で行っています。


 ↓全ての写真はクリックで拡大表示されます

大神島ノッチ クマノミ01 大神島おぷゆう食堂メニュー カーキたこ丼

大神島に一軒だけある食堂「おぷゆう食堂」で食事が可能です。


空き状況や質問は

お問い合わせフォーム又は メールでお願いします。
電話(090-1704-4358)でも結構ですが、7~18時の時間厳守でお願い致します。(年中無休)
(日中は海へ行って出れないことが多いです。7-9時,16-18時ころがわりと出れます)
分からないことは Q&A(よくあるご質問) でご確認下さい。
フェイスブックページ(天気海況ツアーの様子)
危険生物ページ(宮古島の危険生物)

お申し込みは

お申し込みフォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。
予約成立後の変更や取り消しには 変更料、キャンセル料が必要になります。予めご納得の上お申し込み願います。
12時間以内に受諾の返信がない場合はこちらをご確認願います。

ツアー名「大神島ツアー」「大神島ツアー(2時間コース)」を選択し、
ライフジャケット(無料)が必要な方は身長体重を記入してお申し込みください。
また、ご利用予定の往復の船の便名又は時間をお申し込みフォームのコメント欄に明記願います。


島尻港~大神漁港 運航スケジュール
(混雑時は臨時便が運航されます)
夏場 (4/1-9/30) 冬場 (10/1-3/31)
便名 大神島発 島尻港発 大神島発 島尻港発
1 08:00 08:30 08:15 09:00
2 10:20 11:00 11:00 11:40
3 13:00 13:30 13:45 14:15
4 15:10 15:40 16:20 16:45
5 17:00 17:20 (2017年10月現在)
正確な時間は直接下記へご確認願います。
大神海運 TEL 0980-72-5477


ご利用頂いたお客様からのご感想


お申し込み  お問い合わせ


ページTOPへ

(↓写真はクリックで拡大します)

大神島12 大神島13 帰りの船便を遅らせればシュノーケリング以外にも「おぷゆう食堂」で食事をしたり、 展望台に登ったり、ビーチや港でのんびり自由に出来ます。

カーキたこ丼 大神島10
スマヌかりゆす 大神島17
連絡船時刻表

ご注意:ガイド無しで行くことはお勧めしませんが、
もし行かれる方は流れにはくれぐれもご注意ください。

またサンゴの保護には十分ご配慮をお願い致します。
一度壊すともう2度とそのサンゴは見れません。
壊す恐れがある人は絶対サンゴに近づかないようお願い致します。

きつい事を言うようですが
潮が引いて水深が浅いときには入らない。絶対壊します。
スキルのない(下手な)人はサンゴに近づかない。絶対壊します。


お申し込み  お問い合わせ


ページTOPへ

ページTOPへ