シュノーケリングガイドの紹介


ガイド清水 靖

清水 靖

 しみず  やすし

 潜水士免許、小型船舶免許(1級)、 PADIダイビングインストラクター、消防庁上級救命技能認定
 自衛隊に3年、潜水士として各種潜水作業に8年
 ダイビング、シュノーケリングなどのガイド歴 30年以上。
 スクーバダイビング経験本数 12,000本以上。
 宮古島は2013年から在住。以前は小笠原母島に2年、サイパン島に23年住んだことがあります。

安全がないところに「本当の楽しさ」はない、スキルと知識がなければ「本当の安全」はない…と思っています。 安全上必要なことや貴重なサンゴ・環境を守るために必要なことは、例えお客様であっても注意させて頂いています。 サンゴを踏みつけても、フィンでサンゴを蹴っても何も言わないガイドや、餌付けをして客を楽しませているようなガイドは あってはならないと思っています。 シュノーケリングをされるほとんどの方はちゃんと習ったことがない方で、注意されて初めて気がつくことは多いと思います。 指摘されて面白くないと感じるお客様がいることも確かですが、お客様の安全や環境保護につながる重要なことであるということを 是非ご理解いただけたらありがたいです。

今まで潜った海 

小笠原母島、父島 伊豆利島、沖縄本島、 宮古島(伊良部島、下地島、池間島、来間島、大神島を含む)
石垣島、多良間島、その他日本各地
韓国、台湾
サイパン、ロタ、テニアン、グアム、 パラオ、ヤップ、コスラエ、トラック、
モルジブ(タージコーラル)、(エンブドゥ) 
インドネシア(プロウスリブ)、(マナド・ブナケン島) 
フィリピン(セブ島・オスロブ、モアルボアル)、(スミロン島)、(パミラカン島)、(バリカサグ島)

今まで潜った変った場所 

(主に潜水士のとき)
水深65mで事故で沈んだ漁船の調査
氷の張る山奥のダム湖
客船「飛鳥」などの船底調査
造船所のドッグ内での本船据付作業
下水管の中・・・などなど


清水万次郎商店

 しみずまんじろうしょうてん

宮古島シュノーケリングガイド


電話090-1704-4358 (受付 7-18時)
メール miyakojima110@gmail.com(24時間いつでもOK)
事務所:〒906-0303 沖縄県宮古島市下地洲鎌579-19-110(店舗はありません)

お申し込みフォーム

お問い合わせフォーム

 ※通常は12時間以内にメール返信致します。 12時間以内に返信がない場合はこちらをご確認願います。

ページTOPへ