シュノーケリングガイドの紹介


ガイド清水 靖

清水 靖

 しみず  やすし

 東京出身。 小笠原・母島やサイパン島23年などを経て2013年から宮古島在住。

 潜水士、小型船舶(1級)、 PADIダイビングインストラクター、消防庁上級救命技能認定
 自衛隊に3年、潜水士として各種潜水作業に8年
 ダイビング、シュノーケリングなどのガイド歴は27年。
 (スクーバダイビング経験本数は12,000本以上)


海は怖いです。
でも、好きです。

海での長い経験の中では、水中で工事や調査をする潜水作業の世界に居たこともあり、
死に直面する場面や減圧症などの高気圧障害、多くの事故を見たり実際に体験してきました。
海の怖さは今でも常に感じます。海では人間が いかにちっぽけなことか を絶対忘れてはならないと思います。
そしてその反面、海の優しさや驚き、神秘、凄さもたくさん経験してきました。

現在シュノーケリング中心にやっていますが、今は浅い海ほど素晴らしいと思っています。

いろいろな海を見てきて「有名ポイント」というのは「一番」綺麗にあらず、という思いがあります。
綺麗なことは、綺麗なのですが、「一番」ではない。
もっと綺麗な所があるけど、そこは「有名ポイント」になっていないだけ。

「有名ポイント」になると、そこには多くの人が来るから必然的に荒らされてしまう。
だから「有名ポイント」になる必要はないけど、本当に海を愛する人にはそういうところも案内したい。
そんなところが、宮古島にも複数あります。

ボート等を使わずにビーチから行ける珊瑚のキレイなポイントで、
自分が素晴らしいと感じた海だけをご案内しています。

また、綺麗な海や素晴らしいサンゴを壊さずに、安全に余裕を持ってご覧頂くためには、
どうしても最低限のスキルと知識は必要だと思います。
難しい技術はいりません。最低限の基本スキルを身に付ける努力をしましょう。

そして、海に入るということは環境保護についても忘れてはいけないことだと思っています。
「綺麗な海を見たい」といって海に入る人自身が環境を壊している現状があるからです。
(2017年10月)


【今まで潜った海】 

2017年9月現在
小笠原母島(2年)、父島 伊豆利島 (3ヶ月)
沖縄本島、 宮古島(伊良部島、下地島、池間島、来間島、大神島を含む)、
石垣島、多良間島、 その他北海道を除く日本各地
韓国、台湾
サイパン(23年) ロタ、テニアン、グアム、 パラオ、ヤップ、コスラエ、トラック、
モルジブ(タージコーラル)、(エンブドゥ) 
インドネシア(プロウスリブ)、(マナド・ブナケン島) 
フィリピン(セブ・オスロブ)、(スミロン島)、(パミラカン島、バリカサグ島、モアルボアル)

【今まで潜った変った場所】 

(主に潜水士のとき)
水深65mで事故で沈んだ漁船の調査
氷の張る山奥のダム湖
客船「飛鳥」などの船底調査
造船所のドッグ内での本船据付作業
下水管の中・・・などなど


清水万次郎商店

 しみずまんじろうしょうてん

宮古島シュノーケリングガイド


電話090-1704-4358 (受付 7-18時)
事務所:〒906-0303 沖縄県宮古島市下地洲鎌579-19-110(店舗はありません)

お申し込みフォーム

お問い合わせフォーム

 ※通常は12時間以内にメール返信致します。 12時間以内に返信がない場合はこちらをご確認願います。

ページTOPへ