ガイド料金一覧表へ講習の料金詳細へ

当店では「シュノーケリング」と「素潜り」は別のものとして明確に区別しています。
当店で行っているのは「シュノーケリング」です。

お申し込み  お問い合わせ

シュノーケリング講習のご案内


気軽だからこそ基本をしっかり


ハイビスカス

シュノーケリングはスクーバーダイビングのように重たいタンクや器材も要らないし、
マスクとシュノーケルだけあれば誰にでも気軽に出来てしまいます。
そのせいもあって基本をちゃんと習っていない自己流の方がほとんどです。

でも、シュノーケリングといえども一旦海に出ればそれなりの危険は常にあります。
初心者だから危険が免除されている訳でもありません。同じ海なら同じだけ危険はあります。

間違ったやり方は、わざわざ効率の悪い動きをして「すぐに疲れる」ことが多く、
「サカナをよく見れない」(サカナが逃げる)ということにもつながります。
さらに「あなた自身の安全を常に脅かす」ことになっているのです。
是非一度基本から正しいシュノーケリングを習って、もっと「楽に」「安全に」楽しみませんか?


申し込もうと思った方にまず確認です


まずは、当店の講習を受けようと思う方に確認です。
 1、本気で上手くなりたいと思っていますか?
 2、付き合いでなくご自身でやりたいと思っていますか?
 3、未成年の場合(年齢制限はありませんが)親の押し付けでなく本人がやりたいと言っていますか?

本人が知らない間に一緒に行く人に申し込まれていた。あまり乗り気じゃないが付き合いで参加した。
こんな方も時々見受けられます。
私はやる気のない人に教えたいとは思いませんので、ぜひご自分の意思で受講して下さい。

ハッキリ言って教えるためには厳しいことを言う場合もあります。
私はあまり褒めませんから、褒められて上達するタイプの人には当店の講習には合ってないかも知れません(笑)
また参加される方は「受講生」と考えていますので、もし「お姫様やお殿様」扱いでないとイヤな人は
他のお店で講習を受けたほうがいいと思います。

以上のようなことを理解して頂けるかたのみお申し込み頂く様お願い致します。

では講習の説明をしていきます。


受講者ごとに異なる講習内容


当店の講習は、受講される方の知識やスキルによって毎回講習内容が異なります。

 ・全く初めてで、マスクとシュノーケルの付け方、使い方、呼吸方法から覚えたい人、
 ・最低限のことは自分でやれて、小さなトラブルくらいではバタバタしないようにしたい人、
 ・一通り問題なくできるけど、更に「潮の流れ」や「その他の危険」にも対応できるようにしたい人
 ・そもそも自分のやり方は「いい」のか「悪い」のかがよく分からないので確認したい人
  ・・・・等々いろいろなケースがあると思います。

まず現在の状況(今までの経験、現在の知識、スキル、所持器材など)を確認させて頂いたあと、
どのレベルまで上達したいのかにより、講習内容を決めていきたいと思います。

コースとしては半日(3時間)コースと1時間コースを設定しています。
1時間は時間が短いためピンポイント的な講習になりますので、そのつもりでお申し込み願います。
難しいことをやらなくても、ちょっとした事を修正すれば快適度、安全性は大きく変わります。

また、よく「講習を受けたら必ず外洋(又は他の条件付コース)へ行けるか?」というご質問を受けますが、
あなたの現状にもよりますし、講習でどの程度上達するかはやってみなければ分かりません。
ただ、可能性はありますし、今まで行ける様になった方は多いです。(別の言い方をすれば行けなかった方もいますが)

講習を受けたから必ず上手くなるとは限りません。 お教えするのはあくまでも「やり方」や「仕組みの説明」です。
やはり「慣れ」というのも必要な要素ですからすぐに身に付くかどうかは、 あなたの努力次第だということも予めご了解ください。
講習では「正しいやり方」をしっかり覚えて、あとは自分で練習をして身に付けて頂くようになります。

なお当店の講習は、特定の指導団体等のカリキュラムを使用するものではありません。
私(清水靖)の35年以上の実経験で得られた知識を元に独自の方針で行うものです。

ページTOPへ

泳ぐことでなく浮くことを覚えよう


講習では、
 1、基本を確実に習得し、
 2、考えられる多様なトラブルに対応できるようにすることと
 3、常に余裕を持ってゆっくり行動できること
・・・を目指します。

あなたが気がついていない「無駄な動き」や「間違ったやり方」もチェックして直していきます。
形だけできても実戦で役立たない講習は避けたいと思っています。

今までのやり方をちょっと変えただけで「すごく楽にできた」
「余裕が出来てサカナをいっぱい見れた」という方は多いです。

講習 講習 講習
はじめは顔を水につける練習から。
もうサカナが見えてきますよ!
いつのまにか身体が十分浮くことを
自然に確認することができます
例え深い所へ行っても同じように浮きます。
もし、水が入っても慌てない練習もします。

ページTOPへ

呼吸が楽にできて、浮くことができますか?


もちろん自己流でも「安全に」「楽に」できているなら全然問題ありません。
でも実際には楽しい面だけに気が行っていて、安全についてはおろそかになってないでしょうか?

「安全」といってもいろいろな意味があります。
 ・体調管理面
 ・スキル(技術)面
 ・危険生物や自然現象などの知識面


「楽に」というのもすごく重要だと考えます。
 シュノーケリングは遊びです、リラックスできないとやってる意味が無いように思います。
 楽に出来るから余裕が出来て周りのものがよく見えるのです。
 バタバタしている人の周りにサカナは寄ってきません。

20年以上実際にリゾートで見てきて感じるのは、
ほんのちょっと直したら今より数段上手く(楽に安全に)なるのに・・・という人が多いことです。

ページTOPへ

あなたはどっち?
マスクの曇り1 マスクの曇り2 右の写真、赤いマスクと白いマスク。
せっかく綺麗な宮古島の海に来ても、曇ったマスクを通して見る海は曇った海です。

残念ながらツアーに参加する半分以上の方はマスクが曇ったままシュノーケリングしています。

やり方が分からなければ何回やっても
結果は同じ、曇ったままです。
理屈を分かって、ちょっと努力したらあなたも綺麗な海が見れますよ。

他にもフィンの使い方やシュノーケリング中の正しい泳ぎ方、浮力のことなど同様のことはいっぱいあります。
安全に、楽に、綺麗な海の中を楽しみたい方は是非 講習(1時間1,500円から)に参加されることを お奨め致します。

何が出来ればいいの?


出来ればいいことは、たくさんありますが、誰もが同じ条件で必要ではありません。
「どんなポイント」で「どんなシュノーケリングをするのか」によって必要な知識やスキルは異なってきます。

まずは、マスクやシュノーケルの正しいつけ方です。
マスクを着けるのに何分掛かっていますか?そしてそれは正しい位置で、キツ過ぎなく着けられていますか?
正しい付け方が分かっていれば数秒で楽に着けられると思いますが、もし何分も掛かってしまう人
しかもどうもしっくりこない人は、受講されたほうがいいかもしれません。
受講された方の90%は、髪の毛がマスクに挟まり、ストラップがきつ過ぎでした。

次に、呼吸方法ですが、これが出来てない人が一番多い、というよりほとんど人は出来ていません。
陸上に居るのと全く同じ感覚で呼吸をしています。
そのためにマスクが曇る、水が入る、息苦しくなる・・・などの弊害が出ます。
マスク、シュノーケルを使うときには、当然それに適した呼吸方法があります。

そして、動作をゆっくりすること。
これも出来てない人が非常に多い事項です。
シュノーケリングは競泳や競争をしているわけではありません。
サカナを見たり、水中の景色を楽しむために海の中へ行っているわけですから
まずは無駄な動作を止めて呼吸が乱れないことに集中してください。
速く泳いではいけません。手や足、首の早い動作もいけません。
なぜなのか・・・等は実際の講習でご説明いたします。

また、いつもライフジャケットに頼りきっている方、何も浮力を着けなくても身体は、水に浮くということを身体で覚えてください。
そのためには、浮力の仕組みや、浮くときの姿勢を知る必要があります。
ライフジャケットを着けてはいけないということではなく、無くても楽に浮けることを知っておくことは
いざというときに自分の命を守る手助けになります。

参考ページ 「ウイテマテ(浮いて待て)」→ 水の事故で助かるには?(NHKのサイト)


さらに上達したいなら、
「マスククリア」「シュノーケルクリア」「フィンを履いて立ち上がる方法」「危険な状態の対処」
などレベルや目的に応じて覚えたほうが良いことはいろいろあります。

私はダイビングのCカードを持っているから・・・、私はスイミングをずーっとやっているから・・・
と言われる方がいますが、ダイビングや水泳とはやることが異なりますので
それだけでは「講習を受ける必要は無い」ということにはならないと思います。

人間は「やっていない期間が長くなる」と忘れます。やっていれば新たな疑問がいろいろ出てきます。
1回と言わず何回でも講習をお受けください。
内容は繰り返しでも良いですし、毎回違うことをやるのも可能です。


ページTOPへ

より現実的な講習


マスクに水が入ってはいけない?
いいんです、水が入っていたって。

もちろん「マスクに水が入らない」のが基本ですが、それにこだわりすぎないのも必要だと思います。
水が入っても問題がないなら、水が入っていたって構わないのです。

マスクから水を出す努力をしなくてもいいなんて教える講習はあまり無いと思いますが、
どういう時に、どういう理由で、そう言えるのかなども説明していきます。
ちなみに私のマスクには、よく水が入っています。

アナタはいつも自分から沈もうと努力している(笑)
(ゼッタイ沈みはしないのですが)沈んじゃうと言う人、
実は無意識のうちにアナタは、自分で沈む動作をしています。

顔を水面からなるべく高く上げようとしていませんか?

無駄な動きが多くありませんか?

間違ったやり方は10年やっても間違ったままです



以上のようなことは私が行う講習の一例ですが、この意味をまず頭で理解し、
次にそれを実際の行動に活かせるようになって初めて講習の意味が出てくるものだと思います。

そして、シュノーケリング中、何か問題があったとき、
それに対処する対応は、毎回違ってくるものです。
ですから1つのやり方だけを覚えるのではなく、「どう考えるか」ということを学ばないといけないのです。

これらのことは、ただ単にインストラクターだからお教えできるのではなく、
35年以上海に関わり、13,000本以上の多種多様なダイビング経験と、10年以上のシュノーケリングガイドの経験、
そして不幸にも起きた(3件の死亡を含む)事故を多数見てきたからこそお伝えできる内容だと思っています。



→実際の講習例
2014/08/04(全く泳げないと言っていた方が、ライフジャケット無しでサカナも景色も余裕で見れた)

2014/06/28(ライフジャケットに頼り切っていて余裕がなかった方が、
講習後はライフジャケット無しでも楽に1km以上泳げて、呼吸も全く上がらなくなった。 サカナも景色も余裕で見れた)


2014/05/26(あまり泳げなかった方が講習後は楽に1km以上泳げた)


→講習を行うインストラクターの紹介は こちら

ページTOPへ

受けたら何が変わるの?


ひとことで言えば「疲れなくなる」「安全になる」また、「見れるものが何倍にも増えます」

講習を受けた人が一番多く感じるのが「疲れなくなった」ということです。
シュノーケリングの目的は、泳ぐことでも競争するでもありません。
いかに周りの環境にダメージを与えずに「楽な状態」で、水中のものをたくさん「見る」「感じる」ということだと思います。
不要な動き、疲れる動きを省くと・・・そりゃぁ楽になりますよね?

また、水中で常に落ち着いて居られるようになりますのでサカナや景色を良く見る余裕が出てきます。
そして、サカナは落ち着いているあなたの周りに寄ってくるようになるでしょう。
水に慣れて居ない人(ばたばたしている人)には、サカナは危険を感じてあまり寄ってきません。

そして余裕がないから視野が狭く、実際の1~2割程度しか見れていない事が多いです。
あなたはシュノーケリング中、自分の斜め後ろを何回見ますか?上を何回見ますか?
自分の周りには、あなたが見ていない(見逃した)サプライズがたくさんあったかもしれません。
これは自分に迫る危険をも見落としていることになります。

いままで「なんて無駄な動きが多かったんだろう」と気がつくはずです。


ページTOPへ

奥が深いシュノーケリング

五感で楽しむシュノーケリング

上達することだけにとらわれず、自分のレベルの範囲でいかに楽しむかも考えていきたいと思っています。
人間には五感というものがありますよね。
「見る」以外のあなただけの楽しみかたも是非見つけてみませんか?

また、もしあなたの身体に障害があっても、体力が無くても、ご高齢でも、
それなりに楽しむことは十分可能だと思います。是非一度ご相談ください。

講習の料金

2人以上でお申し込みされた場合のお一人分のガイド料金です

半日講習 5,400円

(消費税は不要です。お一人のみの場合は+2,000円です)

※所要時間 約4時間
 (うち講習の正味時間は3時間です)
※器材レンタルは別途レンタル料が必要です。
※宮古島島内の送迎は有料でおこなっております。→詳細

1日以上の講習ご希望の方は「半日講習」を選択し「メッセージ欄」にご希望の内容をご記入願います。
【例】1日講習希望(半日X2)、1日半講習希望(半日X3)、2日間講習希望(半日X4)など
料金はそれぞれ半日講習料金の倍数となります。1日=5,400円X2=10,800円

1時間だけでも可能です

★ピンポイント的な講習をご希望の場合は、1時間単位の講習もお受けいたします。
  例えば・・・器材の正しい付け方や使用方法、呼吸方法 (基本の基本が間違っている人がいっぱいです)
  例えば・・・フィンキックが上手くできない、進まない、疲れる
  例えば・・・流れのあるところでも安全に帰ってこれるように(行ってみたら思いもしない強い流れということも)

1時間講習 1,500円

(他のツアーと同時受講の場合、お一人のみの場合は上記料金+1,000円です)

1時間講習 2,500円

(ツアーに参加せず講習だけを単独受講の場合、お一人のみの場合は上記料金+1,000円です)

ページTOPへ



■このツアーで行くポイント(集合場所)

宮古島の南海岸のビーチポイントで行います。(ボートは使いません)
通常は上野ドイツ村付近での集合となりますが、海況によっては来間島で行うこともあります。
詳しい集合場所はご予約確定後にご案内いたします。

ホテル等への送迎(別途有料)をご希望の方はこちら をご覧下さい。

空き状況や質問は

お問い合わせフォーム又は メールでお願いします。
電話(090-1704-4358)でも結構ですが、7~18時の時間厳守でお願い致します。(年中無休)
(日中は海へ行って出れないことが多いです。7-9時,16-18時ころがわりと出れます)
お申し込み説明ページ(お申し込み全般の説明)
フェイスブックページ(天気海況ツアーの様子)
危険生物ページ(宮古島の危険生物)

お申し込みは

お申し込みフォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。
12時間以内に受諾の返信がない場合はこちらをご確認願います。

ツアー名「半日講習、1時間講習」を選択してお申し込みください。
1日以上の講習ご希望の方は「半日講習」を選択し「メッセージ欄」にご希望の内容をご記入願います。
【例】1日講習希望(半日X2)、1日半講習希望(半日X3)、2日間講習希望(半日X4)など

お申し込み  お問い合わせ

ページTOPへ

ページTOPへ